青の欠片

伝えたいことがあっても言えなかった。

言えたとしても伝わらなかった。

唇から発した言葉はいつもあてのない空を舞う。

彼女の言葉の裏には深い悲しみが帯びていました。

人の持つ本来の悲しみと孤独を。

きっと僕らが言葉を持った太古の時代から抱える悩み。

その普遍的な悲しみを彼女の言葉から感じました。

誰もが抱えているわだかまり。それは永遠に消えない青い傷。

「思うだけでは想いは伝わらない。」

鬱屈とした時代の中でそれでも彼女は傷つき傷つけてしまうかもしれない言葉で語るのでした。

©️2020 TORI no OPPO design room.