小説 光の輪郭

1/5

光の手触りは過去の思い出を外側から内側へ眺めるときに感じるあたたかさと切なさに似ていました。
記憶の曖昧な境界線に触れるとき、それはもう戻れない思い出の世界との境目のようでした。

ある女性は共に過ごしていた夫に離婚を言い渡されます。
喪失感を癒すかのように中学時代にかつて好意を抱いていた初恋の彼を思い出した。
その彼と過ごしたひとときの時間は「私」にとって大切な時間でした。