ゆるやかな永遠

ある日の冬、その命は星となって飛び去った。

白い小さな部屋で。

頬に手をやった。まだ温かかった。

あれから幾年も経つのに、まだその温かさをこの手は覚えている。

そしてある日の夏、小さな命が輝いた。

頬に手をやる。その命も同じくらい温かかった。

生きることと死ぬこと、その価値は同じで永遠に続いていく。

いつだって私達は孤独の寂しがり屋。

いつだってその温度を求めている。

分かり合えることができなくても、

私達は永遠の一部としてここに生きている。